topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学祭のお知らせ - 2014.11.01 Sat

本日11月1日(土)より3日(月・祝)まで、麻布大学で学園祭が行われます。
例年通り、野生動物学研究室も出展しています。
3年生が主体となり、1,2年生にもお手伝いしてもらいながら作り上げた展示です。

今年のテーマは「適応」です。
ニホンジカを通して、動物たちがどのようにし生き残ってきたのかを紹介します。

場所は、麻布大学9号館2階9202です。
(※パンフレットでは場所が8号館になっていますが間違いです)

お誘いあわせの上ぜひお越しください。
皆様のお越しをシカと一緒にお待ちしております!!
しか

八ヶ岳 - 2014.10.28 Tue

9月11, 12日に八ヶ岳に行きました。ここで4年生の鈴木さんがヤマネの食性を調べるたの糞を採集するために巣箱をかけています。とても利用率が高く、糞も集まります。これまで春に巣を設置し、秋に回収していましたが、今年は夏に採集して違いがでないかと考えました。2日かけて、100個ほどの巣を回収しました。1本の木の高いところと低いところに巣をかけて比較しましたが、圧倒的に高いほうがよく利用されていました。

0ヤマネ巣箱のようす

0記念撮影

シカ影響観察ツアー - 2014.10.28 Tue

8月26,27日に長野県のシカ生息地の植生がいかなる影響を受けているかを見るツアーに参加しました。南先生の運営する「アースワーム」の活動としてシカの影響を社会に認知してもらうために、マスコミ関係者を呼んで情報発信してもらおうと企画されました。川上村、美ヶ原などを見てきましたが、思ってた以上にシカの影響が強く、事態は深刻であることを再確認できました。

水源柵2
川上村の取水場に作った柵の内外。

マルバダケブキ2
川上村のカラマツ林。植物はほとんどなくなってしまい、シカが食べないマルバダケブキだけが残っていた。

神津牧場実習 - 2014.10.28 Tue

8月2日から5日まで群馬県の神津牧場で実習をしました。今年は40人くらいも参加者があり、例年よりも大人数になりました。神津牧場にはもちろんウシがいるのですが、野生動物の実習なので家畜ではなく、野生動物の調査を体験してもらうことにしています。夜に牧場に行くとシカが見られるので、これがハイライトですが、実習としては群落の調査のしかた、自動撮影カメラの使い方、ネズミを捕まえるシャーマントラップの使い方、糞虫の採集法、シカの糞密度調査法などいろいろな内容を体験してもらいました。

牧場学生2,100kb
牧場を歩く学生

群落調査100kb
群落調査をする

シカ200kb のコピー
自動撮影カメラに写ったシカ

網地島調査 - 2014.10.28 Tue

7月23日に網地島に行きました。金華山の南にある島で、もちろんここにはシカがいません。四年生の須藤君が金華山でシカの観察効果を調べています。シカは植物を食べることで植物群落を変形させます。そうすると昆虫にとっての環境が変化するので、すんでいる昆虫の種類や数が変化します。これを間接効果といいます。金華山の柵をしたところとしないところで比較するとはっきりした違いがありました。ではシカのいない島は柵内と似ているかどうかという興味で網地島を対象地としたのです。島に行っておどろいたのは植物がまったく違うことでした。とくにタブノキの見事な森林は南の国にいるようでした。タブノキは金華山にはゼロではありませんが、ほとんどなく、海岸の岩の上に小さな木があるくらいです。それからサンショウのトゲも金華山のように長くありませんでした。昆虫のほうでも糞虫がほとんどいないという結果になったようです。カが多くてたいへんでした。


丘の上のかわいいお地蔵様

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (20)
ニュース (25)
活動記録 (104)
野生動物学セミナー (10)
大学祭活動 (10)
イベント(進行中) (7)
日常 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。