topimage

2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月30日 宮が瀬で調査しました - 2012.07.01 Sun

6月30日に神奈川県の宮が瀬に行きました。丹沢の東になります。修士2年の海老原君はここでサルの群落選択を調べていますが、農地に依存的な群れと、野生状態の群れを比較しています。サルには電波発信器がついているので、これによって位置の把握をし、それが何群落であるかを調べています。ところが、その群落は既存の植生図を利用しているために、実態とは食い違いがあります。そこでオリジナルな群落記載を試みることにしました。下の写真にみるように、地形が急峻で、人工林といってもすぐ隣に落葉樹林のパッチがあり、林道沿いに林縁があります。これを「人工林」で代表させると、サルにとっての意味は違うはずで、そこにむずかしさがあるのです。

12.6.30林縁-15

高槻が印象づけられたのは、植生がシカによって強い影響を受けているということです。林の下には植物がほとんどありません。あるのは少し明るいところにあるオオバノイノモトソウくらいで、これはシカが口にしません。
12.6.30 plot 296海老原4,-15

たまたまゴホンダイコクコガネをみつけました。糞虫が多いのもシカが増えた証拠でしょう。ヒルにやられました。
12.6.30 ツノコガネ-10
ゴホンダイコクコガネ








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azwildlife.blog97.fc2.com/tb.php/98-2e32a6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

7月4,5日 アファンの森 «  | BLOG TOP |  » 6月24日 八ヶ岳

カテゴリ

未分類 (20)
ニュース (25)
活動記録 (104)
野生動物学セミナー (10)
大学祭活動 (10)
イベント(進行中) (7)
日常 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。