topimage

2018-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月9日から14日 マレーシア - 2012.10.13 Sat

10月9日から14日
修士1年の山本さんはマレーシアのアジアゾウの食性分析をしようとしています。高槻がかつて指導したアイムサさんがマレーシアにあるノッチンガム大学に職を得て、アジアゾウの生態学と保全について大きなプロジェクトを走らせています。高槻が3月に下見をし、今回山本さんと同期の山田さんが同行しました。高槻の滞在は短いので、現地には行かず、ゾウの糞分析の見通しをつけることを目的にしました。現地では15頭ほどのゾウにGPS発信器がついているので、糞も個体別に集められる可能性があります。そうなるとかなり精度の高い分析になります。
 ノッチガム大学はイギリスに本校があり、中国とマレーシアに分校があります。たいへんきれいなキャンパスに文字通り世界中から学生が集まっていて国際的です。

12.10.12玄関で2,-20
山田さん、サンパス、山本さん

12.10.12キャパス-20
ノッチンガム大学キャンパス。学生の国籍もさまざま

 アイムサは学位論文をスリランカのゾウで書きましたが、その頃の知人でサンパスさんがゾウの研究を続けています。よい機会だというのでサンパスさんがスリランカから来てくれ、久しぶりの再開をしました。

12.10.12ゾウの首輪3.-20
ゾウ用のGPS首輪

 食べ物は社会の多様さを反映して、中華、インド、マレーシアとさまざまで、おいしいです。ジュースがとくにおいしかったです。

12.10.11食堂で-20
町の食堂で。容器にさまざまな「おかず」があって選べるようになっています。
 
12.10.13記念撮影-20
左から、高槻、サンパス(スリランカでゾウを研究)、イーピン(ノッチンガム大博士課程、ゾウのホルモンを研究)、山本、山田、アイムサ

 山本さんは残って現地調査に参加し、11月の初めに帰国予定です。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azwildlife.blog97.fc2.com/tb.php/112-a2c5dddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012大学祭 LIFE-いのちのつながり展- «  | BLOG TOP |  » 野外実習

カテゴリ

未分類 (20)
ニュース (25)
活動記録 (104)
野生動物学セミナー (10)
大学祭活動 (10)
イベント(進行中) (7)
日常 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。