FC2ブログ
topimage

2018-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻布大学の麻展はじまる - 2012.07.21 Sat

7月18日から「麻生大学の麻」展をはじめました。要するに大麻を紹介するものです。大麻といえば麻薬、ドラッグ、危ないのではないかと思う向きが多いと思います。これを麻布大学のコリンズ先生が研究しておられるのです。私もよく知らなかったのですが、大麻についてはたくさんの誤解があることがわかりました。以下はその一部です。
 1)麻にはいろいろあって大麻はそのひとつにすぎない。亜麻、黄麻、苧麻、洋麻などあり、植物学的にはまったくかけはなれたものが含まれている。
 2)大麻は戦後法律で禁じられるまで、日本人に最も親しまれた植物であった。
 3)麻薬というのは誤字で正しくは「痲薬」でしびれるという意味であるのに、当用漢字でなくなり、似ているという理由で「麻」が使われるようになった。
 4)大麻にはマリファナ効果成分を含むものとほとんど含まない品種があり、日本の大麻にはマリファナ効果はほとんどない。欧州では低率の品種の栽培が盛んになっている。
 5)マリファナ効果があるのは葉と花で、麻の実はまったく安全であり、もちろん麻繊維は無害です。麻のみは七味唐辛子に入っているし、麻(ヘンプ)製の衣類を着るのはもちろん違法ではない。
 そうした誤解と、無知のまま「大麻はこわい」というのは大学人として、大学生としてよくないことです。正しい理解をもち、それによって危険を避けるというのがあるべき科学的態度です。そのことと、コリンズ先生の専門である環境経済学の観点からの大麻の可能性について展示しました。
 展示は「オーガニック」を基調にしました。
                                         高槻

12.7.20 麻展右寄り全体tr-20

12.7.20 麻展左から皿-20



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azwildlife.blog97.fc2.com/tb.php/101-fd06043c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

8月8〜11日 南アルプス «  | BLOG TOP |  » 辻大和さん、高島賞受賞

カテゴリ

未分類 (20)
ニュース (25)
活動記録 (104)
野生動物学セミナー (10)
大学祭活動 (10)
イベント(進行中) (7)
日常 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。