topimage

2013-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳ヤマネ調査 - 2013.09.23 Mon

9月21,22日に八ヶ岳でヤマネの巣箱調査をしました。5月に焼く100個の巣箱を設置したので、それのチェックに行きました。先週の台風ですごい雨が降ったらしく、沢を横切る林道に石や砂が大量に流れたあとがあったし、木の枝なども大量に流れたようです。巣箱は高さの違いをみるために、地上50cmくらいと1.2mくらいに起きましたが、あきらかに上のほうがよく使われており、上だけをみるとなんと60%以上の利用率でした。

巣箱ようす150kb

これまでの研究で巣材がコケだけならヤマネ、枯れ葉が使われていたらヒメネズミだということですが、ほとんどコケだけど少しだけ枯れ葉が入っているものもあり、自信がないものもありました。今回初めて見たのはサルオガセを巣材にしていた例です。

巣材サルオガセ150kb

サルオガセ 40kb サルオガセ樹上 40kb

サルオガセは地衣類で、このあたりのコメツガやカラマツの枝についていました。

ひとつの巣箱のふたを開けたとき、ヒメネズミが飛び出してびっくりしました。一度ですが、シカを見ました。声はよく聞きました。タヌキのため糞、テンの糞を見ました。テンの糞はサルナシだらけでした。調査は順調で、たくさんの巣材が回収できました。

学生作業150kb

記念撮影 150kb

この中にカヤネズミの糞があるはずなので、それを検出して分析します。
スポンサーサイト

東大牧場実習 - 2013.09.05 Thu

高槻と南は9月2日からの東大牧場での実習(1年生)の引率に行きました。ウマ、ウシ、ブタ、ヤギ、圃場についての作業をローテーションでおこなうようになっており、動物のこと、研究のことをていねいに説明し、実際の作業もお体験できるようになっていて、非常に充実した内容だと思いました。高槻は10年ほど前に東大博物館にいたときにおられた事務の方が牧場におられたのでびっくりしました。

李先生の説明 200kb
李先生の説明

馬を引く2 100kb
ウマを引く

搾乳の説明100kb
搾乳の説明

運搬車にのる100kb
運搬車を運転する学生

子やぎ100kb
3日ほどまえに生まれた子やぎ(シバヤギ)

乙女高原調査 - 2013.09.01 Sun

高槻と加古(4年生)は9月1日に乙女高原で調査をしました。地元の乙女高原ファンクラブの皆さんの協力を得て、ススキ群落の刈り取り調査をしていますが、今回はその一環で「9月刈り区」と「6、9月刈り区」をおこないました。これまでの調査で6月の刈り取りの効果は明瞭で双子葉草本(一部低木)は枯れ死または著しい草丈の低下がみられましたが、ススキだけは順調に回復しています。これはシカが増えて虫媒花の花が減り、ススキが増えたとされること、3年前に作られた柵内で双子葉草本が増加し、ススキが減少したことを裏付けます。加古さんは双子葉草本の花に来る訪花昆虫を調べています。なお農工大は応用植物生態学として、刈り取った草を新しい土地に撒いて植生遷移を早めるという研究をしているので、この日はいっしょに作業をしました。

乙女草原上側
乙女高原はススキが優占している

シカ柵内外
シカ排除柵内には虫媒花がたくさん咲くようになった

宮原さん刈り取り
刈り取りをする乙女高原ファンクラブの宮原さん

記念撮影 120kb
乙女高原ファンクラブ、農工大、筑波大の皆さんと



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (20)
ニュース (25)
活動記録 (104)
野生動物学セミナー (10)
大学祭活動 (10)
イベント(進行中) (7)
日常 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。