topimage

2011-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル調査 - 2011.08.28 Sun

8月8日から22日までモンゴルに行きました。高槻の科学研究費による調査で、今年で4年目です。行ったのは高槻、佐藤雅俊(帯広畜産大学、植物生態学)、大津綾乃(修士1年)、野呂ほづみ(4年)、高橋和弘、戸田美樹(3年)の6人です。
ウランバートルでは自然史博物館のミャンダスさんに会いました。モンゴル展をしたときにお世話になり、麻布大学にも来たことのある人です。

11.8.15Myandasさんと
ミャンダスさん(中央)と

 フスタイ国立公園では3つの調査をしました。1)アカシカ、タヒによる森林群落への影響、2)草食獣4種の食性比較、3)マーモットによるマウンド形成。1)は大津さんの修士研究に関係するもので、これまでフスタイでは順調にタヒが回復してきましたが、タヒとアカシカの頭数は公園の生態系にとってはかなりの負担になっているようです。実際、森林は温暖化によると思われる乾燥によって木々が枯れ始めており、それに加えて草食獣の採食影響が過度であるようです。そこで、これを裏付けるデータをとりました。

11.8.14 Plot H3糞ひろい 
糞塊数カウント

11.8.10 毎木調査 
毎木調査

2)は野呂さんの卒論で、糞を確保し、群落調査をしました。ポイントはタヒとアカシカという大型獣とノウサギとマーモットという中型獣で、群落の上部と下部が使い分けされているのではないかというところにあります。そのために主要植物の草丈を測定したり、大型のイネ科のStipa, Leymus(羊草)などと、小型のCleostogenes, Koeleriaなどの表皮細胞のプレパラート作りもしました。

11.8.12糞処理戸田野呂 
糞を洗う

3)は高槻と佐藤氏の共同研究で、これまで概略がわかったので、マウンド内外の花数、訪花昆虫数、マウンドの微地形に応じた土壌採取などをしました。
 3、4年生は海外調査は初めてでしたが、積極的に、また楽しみながら調査を手伝ってくれました。植物の名前や地形、森林の更新、乾燥地の特徴などについて、いろいろ勉強になったと思います。

11.8.13カメラ3少女.2 
一眼レフを使いこなす(?)カメラ女子


11.8.18記念撮影2 
11.8.19帽子投げ 
調査が終わって

 タヒは何度か近くでもみましたし、マーモットもときどき見ましたが、ノウサギはほとんど見れず、アカシカは見ましたが遠くでした。

 11.8.16タヒ15-
タヒの親子

通訳のジャガさんと学生の一部はなんとオオカミを直接見ました。春にオオカミにGPS首輪をつけたのですが、その若いオスは6月に公園を出て、なんとウランバートルの北方にまで動いたというデータが得られたので、現地に行ってみました。森林が断片的にあり、オオカミはこういうところを利用しているのだとわかりました。

11.8.21オオカミ生息地
 
公園を出たオオカミの生息地


 クロハゲワシがたぶんマーモットを食べに集まって地面を歩いているのも見ました。今年はヤツガシラをよく見ました。
 偶然ですが、フスタイ国立公園設立者のオランダのボウマン氏の奥様のインゲさんたちが来訪していて、お話を聞くことができました。そのときに蒙古相撲をみることができ、興奮しました。

11.818インゲさんと--
 
インゲ・ボウマンさんと


モンゴルの青い空、乾いた空気は快適でした。
スポンサーサイト

Observation 7月 - 2011.08.13 Sat

7月のオブザベーションです。

11.7.16シカクジラの背-

表紙
新型水着 高槻成紀
おじいさん加古菜甫子
カエル調査のお手伝い―意識と「見え方」について 寺内麻理絵
変わるもの、変わらないもの 小島香澄
後記

アファン調査8月 - 2011.08.05 Fri

今年は国際森林年だそうで、その会議がアファンの森でおこなわれました。高槻は3日に森の案内をするように頼まれたので出かけました。4日の朝は空気がきれいでした。

11.8.4飯縄山遠景-
飯縄山

嶋本さんはスタッフとして、その日も翌日も関連の仕事をし、昼頃から合流、その後3年生(池田、佐野)も加わって定期の調査をしました。炎天下は暑くてクラクラするようでした。

11.8.4記念撮影-ー

11.8.3ヨツバヒヨドリ、キアゲハー
ヨツバヒヨドリで吸蜜するキアゲハ

11.8.4キアゲハ幼虫ー

キアゲハの幼虫

長野は雲が印象的ですが、この日もそうでした。
11.8.4黒姫山と雲10-

学生諸君は6日までがんばります。報告高槻








岩手県訪問 - 2011.08.05 Fri

高槻、瀧口、戸田は7月28日から31日まで岩手県を訪問しました。目的は1)戸田が卒論で岩手県のシカの管理にとりくむので、岩手県のシカ生息地を概観する、2)瀧口の研究(東北地方のシカ3集団である五葉山、牡鹿半島、金華山の遺伝学的、生態学的比較)において、食物の栄養分析を行ったところ、冬のサンプルでは予測した結果と違っていたが、夏ではどうだろうということで、シカの糞のサンプルを採取する、3)高槻の知人のお見舞い、の3つであった。

北上山地の景色はとてもいいものでした。
11.7.28川ヨシ~
河辺にヨシやヤナギが豊かに育つ川

1)はあまり果たせなかったが、五葉山でオスジカをみたり、牧場の群れを見たりした。
11.7.28塩場の林
落葉樹林の下にミヤコザサが生えている典型的な北上山地の景観

2)は初日で目的を果たした。

11.7.28糞探し
シカの糞を探す
3)は音信不通だった人にもあえ、またそこから電話をしてもらうなどして、みなさん無事であることが確認でして、胸をなでおろした。1)に関連するが、ササの分布を調べた。環境とササの継体の対応がよく見えて、とてもおもしろかった。

11.6.30 戸田
これは多雪地に生えるチマキザサ。枝分かれしている。上の写真のミヤコザサと比べると大きさが全然違う。

詳しいことは略しますが、積雪に対応して、雪の多いところでは冬に0度で湿っているから高い位置に芽をつけ、太い茎をもっているチマキザサが生えるが、沿岸部になると乾燥と低温で危険なので芽を地表部にまで下げ、茎の細いたミヤコザサになります。
11.7.30岩手ササPlot B1, B7-
チマキザサ(上)とミヤコザサ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (20)
ニュース (25)
活動記録 (104)
野生動物学セミナー (10)
大学祭活動 (10)
イベント(進行中) (7)
日常 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。