topimage

2011-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牡鹿半島・金華山調査 - 2011.07.19 Tue

高槻と瀧口君は7月15日から18日まで牡鹿半島と金華山を訪問しました。目的は金華山の黄金山神社のお見舞いと瀧口君の卒業研究のためのシカの糞採集です。15日は牡鹿半島で糞採集をしましたが、石巻周辺は宿がないため、塩竈にホテルをとりました。テレビで見ていたとはいえ、石巻がゴーストタウンみたいになっているのを見るのはつらいものでした。たいへん蒸し暑く、山歩きはたいへんでした。翌日は干潮時を狙って10時半くらいに鮎川に着きました。鮎川の町も、その途中の小さな漁村も壊滅的でした。建物がなくなった町というのは狭く、どこがどこだかわかりにくいものです。鮎川は道路も波打ったり、公衆便所の前のアスファルトが持ち上がったり、たいへんなことが起きたのだとわかりました。いつもお世話になるモーターボートの人は当日船を守るために沖合で一夜を過ごしたそうです。翌朝海に家の屋根などがたくさん浮かんでいたそうです。金華山の桟橋周辺も変わり果てていました。ただ神社は思っていたほどではありませんでした(灯籠類は全滅といっていいくらいでしたが)。もっとも4ヶ月たっているので、道路や鳥居などを片付けていたということもありますが。電気も通っているし、食料もあるので、覚悟していたよりはずっと楽でした。しかしこれからの復興を考えると難問がたくさんあります。
 思えばあたりまえのことですが、島の植物もシカもサルも、なにごともなかったかのようでした。

11.7.16シカクジラの背-

ひび割れと思われる場所もありましたが、植物が生えているので、あまりよくわかりませんでした。被害とはっきりわかったのは山頂の神社や石積みが崩れていたくらいです。

11.7.17頂上石崩れ

逆にいうと、被害といえるのは自然にさからう人工物なのだと、当たり前のようなことに納得したような気持ちでした。暑さにはあはあ言いながら山頂につくと、見慣れた景色が目に入りました。何も違わないようなのどかな景色ですが、道中見た集落の惨状を思うと、地震の破壊力のすさまじさと人の力の小ささを感じないではいられませんでした。

11.7.17牡鹿半島を望む

 天気に恵まれましたが、暑さに参りました。水分は意識的に摂るようにしましたが、こういうのを続けると熱中症になるのだろうなと思いました。
 「鹿山」と呼んでいるシカがたくさんいる場所に行き、北のほうを望むと、女川から岩手県に続くリアス式海岸が幾重にも重なって見えます。この湾に津波が入って狭いために水が高くなって被害が大きくなったのだなあと、呆然とながめていました。

11.7.16リアス海岸-

報告 高槻
スポンサーサイト

アファン調査7月 - 2011.07.13 Wed

7月8ー10日にアファンの森に調査に行きました。修士1年の嶋本さんの群落調査、3年生の池田さんの昆虫調査、佐野さんのネズミ調査が目的です。群落は順調に25プロットがとれました。森林タイプにより下生えの種数、種類、量が劇的に違うのがよくわかりました。嶋本さんはアファンの植物ならかなりわかるようになりました。

11.7.9嶋本調査

池田さんはこれまでの地上徘徊性甲虫に加えて、糞虫も調べました。群落ごとの違いは出ているようです。先月はトラップのコップをたぶんカラスにとりだされたので、ネットをかぶせたらうまくいきました。糞虫は金華山などにくらべると少ないですが、センチコガネやエンマコガネ、マグソコガネなどが来ていました。

ネズミは数がすくなく、おもにアカネズミで、狙っていたハタネズミは今月のゼロで、やはり秋口まではあまりとれないのかなと思います。

11.7.9佐野計測-

加古さんが参加してくれました。なにやらあれこれ観察していました。植物をかなり覚えたようです。

11.7.9加古バイケイソウ--


高槻は昆虫ネットをもってキョロキョロし、オオミスジ、コムラサキ、スジボソヤマキチョウ、クジャクチョウなどをとり、トンボ班のためにすこしトンボもとりました。

11.7.9イチモンジチョウ
イチモンジチョウ

松木さんにいろいろな動物の話を聞いて大笑い、楽しい時間をすごしました。
11.7.10松木さんとー
嶋本、佐野、池田、高槻、松木、加古

土砂降りにあったりもしましたが、長野の空の複雑で美しいことがよくわかりました。8日の虹と夕焼けは実にすばらしかった。
11.7.8夕焼け雲2


報告 高槻

嵐山調査 - 2011.07.10 Sun

今日は相模湖の近くの森、嵐山で調査を行いました。
7月も中旬に差し掛かり、本当に何回暑いと言ったか分かりません。。。暑いです。

管理のされ方が違う森で、植物の様子を見ているのですが、前回来た時よりも「虫に食われて丸坊主」率が高くなっていました。
虫が食べること自体は悪いことではないですが、様子を見に来るたびにサンプル数が減ってしまうのは困りものです。
数えたい花や実を食べてしまう毛虫たち、植物につけたマークにいたずらしてくるカラス、温湿度計を箱の外に放り投げてしまう誰か…と、フィールド調査はいろんな事が起こります。。


今日は時間に余裕があったので、久しぶりに頂上まで登ってみました。
RIMG2531.jpg
仲良く樹液を舐めているのはオオムラサキです。
RIMG2544s.jpg
一緒に行った後輩が、素手で捕まえたのには驚きました。


私が調査を行っているヒノキ林の下、ムササビが巣箱から顔を出していました。
ムササビ1
暑い日にはこうして顔を巣から出すそうです。


そして今日はもう一匹。
山のふもとにもいました。
ムササビ2
こんな狭い範囲に、何匹も住んでいるようです。




では、報告を終わります。


4年 神宮

「Observation」2011年6月号 - 2011.07.04 Mon

Observation 6月号 を掲載します。
-11.6.6ウスアカオトシブミ -11.6.6ルリハムシ交尾

表紙
ユリ科は三 高槻成紀
直接観察のすすめ 南 正人
東京に慣れてしまった私 吉田綾子
きっかけ 大津綾乃
見える…聞こえる…!! 杉浦義文
思い出の星空 大貫彩絵
後記

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カテゴリ

未分類 (20)
ニュース (25)
活動記録 (104)
野生動物学セミナー (10)
大学祭活動 (10)
イベント(進行中) (7)
日常 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。